社行事

『縁起ダルマ』目の入れ方について

ダルマの目はどちらから入れるのが正しいと思いますか?

答えは、願いを込めて左目に入れます。そしていつの日か願いが叶ったら右目を入れるというのが一般的とされています。ではなぜ左目からなのでしょうか?それはダルマの目は阿吽(あうん)とされ、

1.阿・・・物事の始まり

2.吽・・・物事の終わり

を指すからです。

願いが叶い両目が入ったら願いが叶った感謝の気持ちを込めて、購入した所で供養するか神社でお焚き上げをしてもらいましょう。

ちなみにだるまを漢字で書くと「達磨」でインドの僧侶で出生は南インドの王国の第3王子で座禅をしている姿です。

ダルマの色は赤色が一般的ですが、それは昔から赤色は魔除けの効果があるとされているからだそうです。願い事の内容によっては赤色以外の色もあるそうなので調べてみてください!

 

SDGs〈ペットボトルキャップ進捗報告>

ペットボトルキャップの回収を始めてから丸2年に経ちました。

total個数は、73,117個。はじめの1年間で26,548個でした。2年目となるこの1年間では46,569個ということになります。

 

皆様にご協力いただいたおかげでございます。

いすゞ自動車近畿㈱ 様

羽後運送㈱大館営業所 様

㈱京都商興 様

ニプロ㈱大館物流センター 様

ニプロ㈱京都支店 様

ニプロ㈱滋賀営業所 様

日本生命 様

北信運輸㈱ 様

三好税理士事務所 様

ローソン大館二井田店 様

弊社大阪営業所、滋賀営業所、大館作業係、京都本社

ありがとうございます。引継ぎよろしくお願いします。

 

回収されたキャップは、カンポ様を通じ「公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン」の施設建設費、運営費となっています。( https://www.dmhcj.or.jp/ )

今後も活動を続けて参ります。

本社新倉庫の花壇のチューリップが綺麗に咲いています♪

2022年がスタート

明けましておめでとうございます

良いお正月を皆様迎えれましたでしょうか?

 

今年もお正月飾りをしました。最後の出勤日に飾りつけをしていましたが、飾るべき日というのはあるのだろうか?と思い調べてみましたら、

お正月飾りの準備や飾る期間にも決まりがあるそうで、まず鏡餅や門松などの飾りつけをする日にちですが、絶対に避けるべきなのは12月29日と31日となります。

29日は「二重(=にじゅう)苦(=く)」や「苦餅(苦持ち)」「苦松(苦待つ)に通じ、

31日は「一夜飾り(前日の飾りつけ)」が葬儀の飾りつけと同じことから、年神さまをお迎えする準備には相応しくないとされているからです。

「正月迎え」「ことはじめ」と呼ばれる松の内の始まる日が12月13日ですので、この日から28日までの間にお正月を迎える準備を終わらせるようにすることがいいとされています。

松の内の期間をいつからいつまでにするかは、いくつかの解釈があり、「飾りつけをする期間=松を飾っている期間」を「松の内」とする場合、松の内は12月13日から1月7日までの間ということになります。「松の内の始まりは元日から」と思っている方も多いらしいですが、それ以外の考え方もあるそうです。

関東では1月7日までが松の内で1月11日に鏡開きをするのが一般的ですが、関西や一部地域などでは1月15日までを松の内とし、鏡開きも同じ1月15日に行うこともあるようです。

お正月の飾りつけについての豆知識でした。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

竣工式にむけて!

新倉庫が4月に完成し、ようやく皆様にお披露目できることになりました。

10月初旬にも関わらず真夏のような気温の中、竣工式にむけて新倉庫周辺の草むしりを

事務所の皆で行いました。

before↓

after↓

汗だくになりながら草むしりをした甲斐もあり、清々しい気持ちで竣工式を迎えられます。

※竣工式は10月8日(金)です!!その内容は後日UP致します。